マルチタスク

BUSINESS マルチタスク管理システム「best job」サービス提供

日本労務研究所 > 業務案内 > マルチタスク管理システム「best job」サービス提供
 

2022年サービス開始予定

当事務所では、業務の予定と進行管理、自動日報作成と労働時間集計、システムを通じた社員教育と業務のうっかりミスの未然防止等、一元管理ができる「マルチタスク管理システム「best job」の開発を行っております。
昨今の新型コロナウイルス感染症から、テレワークや在宅ワークをはじめ、働き方の多様性や働き方改革に各企業も様々な取り組みをされていると思います。
このマルチタスク管理システム「best job」は、仕事場を選ばない、すべき業務の進行の見える化、勤務時間や業務の実労時間の集計で労働生産性の見える化と、作業漏れやミスを未然に防ぐ仕組みが搭載され、業務管理と労働管理等が可能な専門家が開発したクラウドサービスです。
2022年リリース予定となっております。

ここが違うクラウドサービス

企業経営でもっとも重要な人材育成、労働と生産性、サービスの質の向上について、当事務所では社会保険労務士法人として、また人事労務コンサルタント会社として、長年に渡り研究をしてきました。
お客様の「人材育成」「労働と生産性」と弊社の「サービスの質の向上」を念頭に、これらを実現すべく開発しているのがマルチタスク管理システム「best job」です。

●使いながら学習もできるマルチタスク管理機能(特許出願中)
●業務・作業漏れやヒューマンエラーを未然に防ぐDルール機能
●タスク管理システムの登録の手間をなくしたDルール機能
●自動で生成される日報システムで、日報作成時間の削減と改ざんを防止
●業務の進行、遅れ、変更がすべて見える化
●勤怠労働時間管理で生産性の実態を把握
●各種申請・承認機能と集計への連携で労務管理手間を削減
●オプションによる社会保険・給与計算などのアウトソーシングと連動
●その他各種機能

現在様々なタスク管理システムが提供されていますが、マルチタスク管理システム「best job」は人事労務管理の専門家が考える「人を育てる」「生産性をあげる」「質を高める」「管理を楽に」を実現したクラウドサービスです。

サービスの提供について

マルチタスク管理システム「best job」は2022年にサービスの提供を開始します。

●2022年4月 サービスパンフレットのご案内開始
●2022年8月 先行サービス提供開始
●2022年12月 一般サービス提供開始

※上記予定は変更の場合があります。詳しくは当ホームページにてご確認ください。
※パンフレットのご案内は2022年4月以降からご提供していく予定です。

業務案内一覧に戻る
お問い合わせ