給与計算、社会保険手続、人事労務管理、マイナンバー対応は日本労務研究所にお任せください!

相談時間:午前10時〜午後5時  定休日:土日祝・年末年始・祝祭日

メンタルヘルス管理について

メンタルヘルスが危ない

 

 

 

挨拶がない。遅刻・欠勤が多い。
集中力がない。仕事でよく失敗をする。

 

これらは、うつ病に代表される精神的な疲労やストレス、悩みなどが原因となっている場合があります。
これらを放置すると、職場雰囲気の悪化、生産性の低下、業績への影響へと繋がります。

 

 

 

メンタルヘルス不調による企業リスク

 

メンタルヘルス不調は職場環境の要因が大きく、それを放置しておくと、休退職者が増える、一人当たりの業務量が増える、教育や雇用による費用の増大、スキル・技能の不伝承などがあります。

 

このような職場環境を抱える職場は、企業にとって業務効率も悪くなり士気が上がらない状況だと考えられます。
また、労働契約法の安全配慮義務にもメンタルヘルスは含まれており、従業員の心の病は、安全配慮がされていないとも言われかねないのです。

 

 

簿外負債とは

 

簿外債務の中にはメンタルヘルス問題も挙げられます。

 

・就業規則、諸規定の未作成・現状乖離 ・解雇事由の明確化

・個人情報 ・機密情報の漏洩、保護

・ソーシャルメディア管理 ・メール運用管理

・定年後再雇用

・割増賃金未払い(単価計算相違・サービス残業・上限時間)

・安全・職場環境配慮

・うつ病者、人格未成熟者の増大・過労自殺者の発生

・定期健診 ・過重労働 ・管理監督者(名ばかり管理職)

・セクハラ・パワハラ(各種ハラスメント)

・性的差別、評価差別、不公平

・偽装請負 ・パート、非正社員の取扱

・社会保険未加入 ・育児、介護休業制度の実施

・障害者、高齢者雇用率 ・モチベーションの低下

・民間保険(損害賠償・生活保障)の未加入、加入ミス

・助成金手続きミス・・・

 

 

 

内部告発や調査等で、リスクの露見すると・・・

 

・社内外の信用失墜

・社員のモチベーションの低下

・ペナルティー

・遡及返還

・付加金

・損害賠償

・慰謝料

・刑事告発

・社会的制裁

・業務停止

・免許取り消し

・風評被害

・ネット書き込み

・企業名公表

・・・などにつながりかねません。

 

 

メンタルヘルスの重要性

 

 

「メンタルヘルス管理」とは、弊社が初めて用いた用語です。

メンタルヘルス不調の問題は職場環境の要因が大きく、それを放置しておくと、他の社員のモチベーションや生産性に悪影響を与えます。
メンタルヘルス管理によって、最適な職場環境を作り出します。

 

厚生労働省の「労働者の心の健康保持増進のための指針」の中で示されているメンタルヘルスケアは以下の4つです。

 

①セルフケア

働く人自身が行うケア

 

②ラインケア

管理監督者が部下のメンタルヘルスについて行うケア

 

③事業場内産保スタッフによるケア

産業医や保健師、カウンセラー、衛生管理士などが行うケア

 

④事業場外資源によるケア

病院やクリニック、保健所などの外部機関等によるケア

これに加え、当協会独自の5つ目のケアがあります。

 

⑤職場ケア

職場を認知・承認の風土に変え、コミュニケーションとつながりを演出し、人間関係の円滑化による業務効率と生産性のアップを目的とするケアのことを言います。

同時にメンタルヘルスに関する個人情報の保護への配慮も重要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

労務就業管理【職場改善】

 

メンタルヘルス管理において「労務就業管理」はとても重要となります。

従業員がイキイキ働くためには就業環境づくりを行いましょう。

 

左図に労務就業管理に必要な規定や仕組みの例を挙げています。

これらの仕組み作りは日本労務研究所にて設計し運用もサポートしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルール【風土・制度づくり】

 

~リスペクト 心になくとも 形から~

従業員の働く環境により良い人間関係の構築が必要です。
これは自主的にそうなるものではなく、また感情や情緒では不安定であるため、風土やルール化により固定化され、
安定した人間関係を構築することが出来ます。

会社の人間関係は「好き」「嫌い」でコミュニケーション不足や共有不足が
起きてしまっては問題です。
「友人」ではなく「仕事仲間」としてのルールや規則、ルールや風土を構築し、
業務の一環として徹底する必要があります。

このようにメンタルヘルス管理では
【労務就業管理】と【就業環境風土】によって成果が大きくアップします。

どこからはじめれば・・・など当協会にお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

メールでのお問合せ

日本労務研究所の書籍紹介

~弊社代表・奥山の書籍をご紹介します~

開示対象個人情報に関する事項 マイナンバー必見情報

サービスのご案内

  • WEB心備眼
  • メンタルヘルス管理
  • Read me・規則・書式

リンク

  • メンタルヘルス管理士協会

業務内容一覧

業務内容の一覧へ
採用情報

当事務所のご案内

【社会保険労務士法人日本労務研究所

株式会社日本労務研究所】

〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-23-3 廣和ビル3階

03-5324-0661

私どもは人事労務の円滑な運営をサポートする東京都新宿区の社会保険労務士事務所です。

社会保険労務士法に従い、社会保険や労働保険の相談・処理、代理代行などの各種手続を行います。
給与計算、社会保険手続き、人事労務・就業管理、マイナンバー対応は約30年の実績のある私ども日本労務研究所にお任せください!

サイトの保護について

プライバシーマーク取得 プライバシーマーク取得
SSL GMOグローバルサインのサイトシール